有名人のサイン【本物】|インフルエンサー

 

 

 

こんばんは!

 

このページでは僕が集めた偉人たちのサインをご紹介したいと思います。

 

 

僕は自分がスゴイと思った方達にサインを頂くのが多分 趣味です。

 

ただ有名人のサインをコレクションしたいというわけじゃないと思うんですが、欲しい人に頂いたサインは僕の活動の推進力になりまして。

 

サインを書くってことは一瞬でもその紙にその偉人が触ったって事じゃないですか。(だからスタッフが書いてそうなサインはダメ)

 

サインには何かの力が宿ってる気がします。

 

頂いたサイン見ると頑張らないといけないな・・・っという気になるので、僕にとって有名人のサインはやる気スイッチなのであります。

 

 
ROLAND(ローランド)さん

 

 

東京都八王子市出身の実業家でTV出演も多数。高校卒業後は大学に進学するがすぐに自主退学し、18歳で歌舞伎町のホストとなる。

 

現代ホスト界の帝王と称されるも2018年に現役ホストを引退。その年のバースデイイベントでは6,000万円以上の売り上げを記録し、グループ売り上げ最高記録保持者にもなった。

 

2019年以降はオーナーを努めるホストクラブTHE CLUBとTHE CHICを初め、脱毛サロンや美容室、アパレルブランドなども経営、実業家として幅広く活躍している。

ローランドさんの詳細は

コチラで:Wikipedia

 

西野亮廣(にしのあきひろ)さん

 

兵庫県出身のお笑い芸人・絵本作家。お笑い芸人としては1999年にキングコングを結成しゴールデンタイムのTV番組はねるのとびらにレギュラー出演、全国放送にもかかわらず10年続く人気番組であった。若手漫才師日本一を決める大会M1グランプリでは3度決勝戦に出場した。

 

2009年にはDr.インクの星空キネマで絵本作家デビュー。4作目の絵本えんとつ町のプペルは70万部を越えるベストセラーとなり、2020年には映画が制作され観客動員数170万人、興行収入は24億円を超える大ヒットを記録。

 

また有料のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所を主催しピーク時には会員数7万人を記録、吉本興業のクラウドファンディングプラットフォーム立ち上げにも関わるなど、そのビジネスセンスにも注目が集まる。

西野さんの詳細は

コチラ:Wikipedia

 

竹之内教博(たけのうちゆきひろ)さん

 

大阪府出身の実業家。大学中退後、美容室で勤務。美容師時代には講師、店舗統括ディレクター、コンサルティング業務まで経験し、2009年に もみほぐし・ボディケア等のリラクゼーションスペース りらくるをオープン。

 

7年で全国直営600店舗まで規模を拡大した後 2017年にりらくるの株式を270億円で売却し、その後も美容サロンや飲食店の経営をはじめ、化粧品・健康食品のEC販売事業やアプリ開発など20社以上の事業を立ち上げ活躍中。

 

SNSでの発信も積極的に行い、Youtubeのチャンネル登録者数は18万人を越える。(2022年7月現在)

竹之内さんの詳細は

コチラ:Wikipedia

 

綾部祐二(あやべゆうじ)さん

この度ロサンゼルスからピース綾部さんのサインが届きました!

 

 

茨城県出身のお笑い芸人、相方は芥川賞受賞作家の又吉直樹氏。2003年お笑いコンビ ピースを結成し、ピカルの定理やメレンゲの気持ち、笑っていいとも等レギュラー番組をいくつも持つ他、数多くのTV番組に出演した。現在はコンビとしての活動は休止している。

 

映画やドラマにも多数出演しマルチな才能を発揮、2016年にはニューヨークを拠点に活動すると発表し世間を驚かせた。

 

2017年、単身ニューヨークへ渡り活動の場を実際にアメリカに移した。2022年5月にYouTubeチャンネルYUJI AYABE from AMERICAを立ち上げ、活動の舞台をロサンゼルスに移した事を発表。

 

どこか憎めないキャラで、α波を出させリラックス効果をもたらすのが得意。

綾部さんの詳細は

コチラ:Wikipedia

 

ナカムラミツル(326)さん

326さんの10回目の原画展に参加して、サインを貰いました!昔学生の頃に買った本に。感慨深い。

 

 

ポップなイラストに詩を載せた作風が特徴の佐賀県出身のイラストレーター。

 

また音楽ユニット19の初期メンバーであり、ビジュアルワークや作詞等を担当した。

 

その他、ゲームソフトやカードゲームのデザインもこなす。著書多数。

326さんの詳細は

コチラ:Wikipedia

 

原画展で飾られていた原画も1点

我が家にございます☆彡

 

 
昔頂いた名刺

 

集英社週刊少年ジャンプ編集部の編集者さんに昔名刺を頂きました。

 

当選した名刺

 

ローランド・ゼロ(漫画)のプレゼントキャンペーンのC賞:金箔「ROLAND名刺」が当たりました。

 

田村淳さんのサイン

 

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが休日に行っていた企画 “淳の休日”をまとめたDVD。

 

確か1,000枚限定でDVDを制作し、それに直筆サインが入っていました。

 

Noriさんのサイン


Web3.0領域に特化したビジネス誌、Iolite(アイオライト)の編集長様にサインを頂きました!少しお手伝いして(紙面の為ここには載せれず)

 

 

尾田栄一郎先生のサインが欲しい!

 

 

ワンピースの累計発行部数2億冊突破記念品でワンピース第1話目の完全複製原稿というアイテムがあったんですが、これは原稿のサイズはもちろん、完成原稿に押される印・鉛筆書きの部分・修正部分・水色の色鉛筆での記載・汚れやカラーの裏面へのにじみ・セリフの切り貼りなど細部まで忠実に再現されています。

 

小さい頃漫画家になりたかった僕のDNAを直接刺激してくる激熱アイテムであります。

 

 

ここに尾田栄一郎先生の

直筆サインが欲しい!!

 

 

 

自分のサイン考えてみた

 

 

 

 

勢いに身を任せ自分のサインを考えてみました。いつか有名になったらこのサインのどれかを使うかもしれません。笑

 

 

ローランドさんの事を書いたブログ記事

このWEBサイトを立ち上げた時に消してしまいましたが、ローランドさんの事を書いたブログ記事が残っていたのでおまけで載せておきます。

 

この記事を書いてから2年経ちましたけど、ローランドさんのご活躍ぶりは健在でしたね!

 

2020/7/18記事

新宿歌舞伎町のホストクラブ THE CLUBのオーナーのROLAND(ローランド)さんが、コロナ禍の影響を受けて経営するホストクラブの閉店を決意されたようです。

 

ローランドさんの肩書は何だろう?ホスト兼実業家かな?

 

ローランドさんを初めてTVで見たのはバナナマンさんMCのソノサキという番組で、名言が面白いなと見ていたんですが、その規格外な生活の様子を見て、

 

自分を飛躍させるためなのか、視聴者を楽しませるためなのか、番組制作者の期待に応えようとしてなのか、どれかはわからなかったですが自分に対してかなり負荷をかけていると思いました。

 

でもその後、ソノサキで見た印象を崩すことなくビジネスを急拡大させていき、あれは負荷じゃなかったのか?っと思い直させられるほど大躍進をされていました。

 

ただそれでも今回のTHE CLUBの閉店と、その他の事業へのコロナ禍の影響は心配になりました。(余計なお世話ですが)

 

THE ROLAND SHOW【公式】

参照の動画:

 

 

そんなローランドさんですが、この動画でもこんな事を言っていました。

 

 
 
 

 

“俺には負けという概念がない。今は勝ちの途中”

 

 
 
 

 

なるほど。僕も今は勝ちの途中と考える事にしよう。

 

努力が透けて見える魅力的な人だから言葉が光るんだと思います。同じ言葉でもそれを言う人によって重さが変わってきますよね。

 

 

そういえば今思い出しましたが中学1年生の頃、渡辺正行さんの付き人時代でまだ売れていなかったバナナマンさんが僕の地元のイベントに呼ばれてやって来て、バナナマンさんの楽屋に押しかけて設楽さんにサインをもらった事がありました。

 

すごい良い人だった印象と、靴に興味を持ち始めた頃で、設楽さんがコンバースの黒のオールスターを履いていた事を謎にしっかり覚えています。

 

ローランドさんとバナナマンさんの繋がりから、こんな思い出を発掘しました。笑

・・・この記事には僕が昔バナナマンの設楽さんにサインをもらった事が書いてあった。昔から僕は一体何をやっているんだ。。。